鏡開き

1月11日(水)は

まごころ荘北野田にて鏡開きを行いました。

 

鏡開きは

お正月に神(年神)様や仏様にお供えした鏡餅を下げ、神仏に感謝し、

無病息災などを祈って、供えられた餅を汁粉や雑煮などでいただくものです。

 

一般的には松の内(1月7日)の終わった後の1月11日に行われますが、

時期については地域によって差があり、

お正月が空けた後であれば特に明確な決まりはないようです。

 

そしてまずは「笑う門には福来る」。 皆さんと福笑いをしました。

大変きれいなおかめさんもいれば・・・(笑)

 

 

変顔をしながら記念写真。

 

ホーム内は笑顔にあふれていました。

いよいよお汁粉です。

 

鏡餅を割ったお餅を入れてお出ししたかったのですが、

 

お年を召した方は餅を喉に詰めやすく大変危険なため、マシュマロを入れてお出ししました。

 

温かくて甘いお汁粉はとても好評で、皆さんきれいに召し上がっておられました。

職員も残りをいただきました。

 

ホーム全体がとても穏やかで、 お汁粉が心も甘く温かくしてくれたように思いました。

 

本年も皆さんの無病息災と身体健全をお祈りいたします。